2017年03月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:-- |  スポンサー広告 | 
Dell Axim x51vを分解+短絡してみた
2009.02.01 (Sun)
数年前から使っているx51vですが、最近色々と問題が出てきました。

・下ボタンは強く押さなくてはならない。
・ラッチエラー多発(ラッチセンサーのスイッチをセロテープで張る対策にも限界を感じてきました。。。)

サポートも切れてるし、このまま使っていても使い勝手が悪いから、
分解清掃+短絡してみるかとかるーいノリで挑戦。

☆注意☆
下記作業を行い、本体が壊れても保障できません。自己責任でお願いします。
また、サポートもきかなくなると思うので、要注意です。
私もハンダがうまくついていなく、動かなくなったときはかなり冷や汗ものでした。
作業途中で部品が折れるし、ハンダがうまくつかなかったので、最終系の見た目がヤバ目です。
慣れないことはやらないべきですね(^^;

手順は↓

【More・・・】

1.使用道具
①ハンダ
②トルクスドライバー(ダイソーで210円のものを購入)
トルクスドライバー

2.分解
①電池の取り外し、ネジ取り。
 保護のゴムを取り除いた後で、トルクスドライバーを使用しネジをとります。ネジは写真の赤い○がついているところにあります。(私の場合上部のゴムは熱で溶けて自然に取れてましたが・・・)
2.jpg
2_1.jpg

②ケースをはずす
 サイドの隙間を爪でスライドしたら比較的簡単に開くと思う。
2_2.jpg

③ばらした結果(表)
2_3.jpg

④ばらした結果(裏)
2_4.jpg

3.短絡
①ラッチセンサーのスイッチ
3_01.jpg

②スイッチ撤去
適当に引っ張ってたら取れました。。。
3_2.jpg

③ハンダ付け
スイッチがついていたところにある上下の金属部分をハンダでつなぐ。
(初回はそれなりの見た目でつけたんですが、本体が起動しなくなってしまった。。。見た目なんて気にしない方向で!!)
3_3.jpg

④元に戻して完成♪


はぁ、疲れた。
スポンサーサイト
記事編集02:23 |  ppc |  トラックバック:0 | 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。